花の絆

目黒雅叙園で開催中の「華道家・假屋崎省吾の世界―花の絆―」に行ってきました

画像


甲府の岡島百貨店での個展には何度も足を運びましたが雅叙園ははじめて
もう12年目になるんですって

実はね、先日着物教室の学院祭の時に、假屋崎先生デザインの着物を試着したら、
先生自ら招待券をくださったの(着物買わなかったけどね

明日が最終日ということもあるからか、まずロビーから人が並んでてびっくり
画像

会場入り口へ向かうエレベーター(かなり大型)が一台で、このエレベーター待ちの列なんだけど。
この人数が決まってるから、逆に会場が混み過ぎなくていいのかも。

画像

ロビーにはたくさんの有名人・芸能人からのお花が届いてました。
ただ会期が10月27日からで、もう終わりに近いから結構お花も限界を迎えててちょっと残念。

目黒雅叙園には「百段階段」という東京都の指定有形文化財があって。
昔は宴の席などに使われていた7つの部屋が99段の長い階段廊下でつながっている珍しい建築ですが、
そこが会場として使われています。

各部屋ごとに個性ある装飾がされているので、その雰囲気や調度に合わせて假屋崎先生の作品
(花、着物、ブーケ)が飾られていて、お花はもちろん、建物自体もかなり見応えありました。
来年1月からこの場所で行われる雛まつり展の前売り券買っちゃったぐらい(笑)

パブリックスペースで、生徒さんたちの作品展も同時開催されていて。
なかなか個性的な作品がたくさんあって面白かったです☆
でも、同じような花材を使っているのに、先生の作品はエネルギーというかパワーが強い気がして、
「何がちがうんだろ~」って思いました。

展覧会場と同じぐらい賑わっていた物販会場。ご本人もいらしていて、自ら商品PRしまくりでした
雰囲気に圧倒されながらも、ポストカードと紅茶を購入。
画像


画像

ルピシアのバラの紅茶は假屋崎先生のサイン入り
バラの香りが強すぎず、色もキレイで、ミルクティーにもよさそうな味だったのでつい買っちゃったよ~
あ、この紅茶だけですでに入場券より高いかも…(笑)
先生ったら、商売上手だわぁでも楽しかったからいいんだ~

このあとは、アトリエ花倶楽部の大木先生のところでモスアートのレッスン。
毎年恒例「来年の干支」の作品を作り始めました
なかなか斬新な作品になりそうです
今年も干支のトピアリーが年賀状になりますよ~
お楽しみに







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック